国民健康保険まるわかりガイドについて

 普段、何気なく入っている健康保険・・・でも、ここでちょっとお勉強してみませんか?国民健康保険料の仕組み、退職後の健康保険について、国民健康保険の減額と減免、国民健康保険証のお話、国民健康保険と扶養、民健康保険と介護保険制度についてなどなど、国民として知っておきたい情報が満載です。

コンテンツ一覧
国民健康保険まるわかりガイド 新着情報

国民健康保険は、国や市町村の助成金や加入者の保険料により運営がなされています。また、国民健康保険に加入していれば、医療機関にて治療を受けたときに、医療費の一部を払うだけで医療機関を利用することができるのです。その医療費の負担の割合は、つぎのようになっています。3歳未満は2割で3歳から69歳は3割、70歳以上は1割です。ただ、70歳以上であっても、所得の多い人の場合は3割の負担となってしまいます。また国民健康保険は、医療機関で診察する他にも次のような場合に使用することができます。

まずは、訪問介護(訪問看護療養費)です。必要なものは保険証で、被保険者が死亡した時(葬祭費)には必要なものが領収書、保険証、印鑑です。それから、子供が生まれた時(出産一時金)は子供1人あたり35万円が支給されることになります。必要なものは保険証、印鑑、母子手帳です。歩行困難による車利用(入院時等)は国民健康保険によって必要と認められれば、お金が支給されるようになります。必要なものは医師の診察書(意見書)、領収書、保険証、印鑑です。

また、国民健康保険の保険料は、各市町村によって違います。なぜかというと国民健康保険が、国ではなくて市町村によって運営されているからです。また、国民健康保険の保険料は、保険加入者の所得やその世帯の資産などにより個人差が出てきます。もしも、保険料を滞納してしまえば、保険証の有効期限の短くされてしまうこともあります。そsて保険の給付が差し止められたりしてしまうことになります。このようなことを踏まえて、国民健康保険に対する正しい知識を身につけておき、健康で安心した生活を送るようにしましょう。

国民健康保険の加入と脱退についてご紹介します。国民健康保険には、会社などの健康保険加入者とその被扶養者や生活保護を受けている世帯以外のすべての人が加入することになっています。たとえば、次のような人が国民健康保険加入者(国民健康保険被保険者といいます)となっています。自営業者、農業、漁業に従事する人などです。

その他にも退職をして会社の健康保険をぬけた人やパート、アルバイトなどで、職場の健康保険に加入していない人。外国人登録を行っており日本に1年以上滞在する人(資格適用は、入国資格によります)です。その反対に、職場の健康保険に加入していたり、扶養に認定されたときには国民健康保険から脱退することになります。

国民健康保険へ加入したり、国民健康保険から脱退する場合には、自分が居住する市区町村の役場ですみやかに手続きをおこないましょう。ただし、後期高齢者医療制度に加入された場合は、脱退の手続をおこなう必要ありません。国民健康保険への加入や脱退時には手続きに必要なものがありますので用意してから手続きをおこないましょう。

札幌市の国民健康保険についてご紹介します。国民健康保険とは、市町村を単位にそして地域ごとに運営されるしくみ(国保組合を除く)となっています。そのため、 その地域での医療費の使われ方、そして加入している方の年齢・所得の構成などにより保険料は異なります。札幌市の場合は、大学病院など、市内には大きな病院がたくさんあります。そのため高度な治療や療養を受けやすい環境が整っています。

また、高齢者などの医療を必要とする機会の多い方が、他の健康保険よりも多く加入しています。そのため、医療費は極めて高くなっています。例えば、平成18年度決算において全国民の一人当たり医療費26万円弱に対して札幌市国保加入者の一人 当たり医療費は50万円弱というようになっています。保険料は医療費をまかなうためのものです。

そのため、医療費が増えてしまうとそれに伴って保険料も、高くなってしまいます。しかし、札幌市では、加入世帯の負担を少しでも軽くするために、毎年、一般会計から多額の補助である繰り入れを行っています。保険料決定のしくみについてはウェブサイトからも閲覧することができますので興味のある方はごらんになってみてはいかがでしょうか。